すぐに人に聞いて相手の時間を奪う最低な人間

この記事は約4分で読めます。

調べればわかるような内容とか、聞く必要ないようなどうでもいいことをすぐに人に聞くような人間がいます。

控えめに言って最低な人間だと思います。

申し訳無さそうに言うならまだわかるのだが。

申し訳無さそうに相手に聞くなら、まだわかります。対し、妙に上から目線な態度だったり威圧的に聞いてくる奴は完全に最悪な人間

相手の時間を奪う

自覚は無いんでしょうかねぇ。相手の大切な時間を奪っている、ということに。

僕はどうでもいいことを人に聞いたりしませんし、何か疑問に思えばすぐに自分で調べます。ですが、他人に何かを聞かれることは割とありました。

そのたびにイライラするわけです。

例えば。宿題しているとき・しようとしているときに、どうでもいいことを聞いてくる。そして、宿題を中断する羽目になる。ふざけんな。

他にも、買い物に急ぎで行こうとしているやデートに行こうとしているときときに、親(毒親)が「どこに行くんだ」と、威圧的な言い方で言う、とか。わざわざ言う必要はないし答えている時間が無駄だし、なぜ威圧的なのか・・・。

道案内を強制された結果、電車に乗り遅れる。それでお礼の言葉も謝罪もない。とか。

スマホ持っていながら「○○について教えて!」とか。いやいや、スマホで調べれるよ、と言ったら「調べ方がわからない。」と。いやいや、簡単なのに。

そうやって時間を奪われた結果、やる予定だったものができなくなるなんて、許されたことではないと思います。

それにそうでなくとも、時間は取り戻すことのできない大切なものです。いくらお金を払おうと、絶対に取り戻せません。そんな他人の時間をつまらない個人的な都合で奪うなんて、相手の時間を軽視しているとしか思えません。もっと言うと、他人の人生を平気で潰す人でしょう。

すぐに人に聞くような人間は最低・最悪な奴だと断言します。

検索しろや

持っているスマホで検索すればすぐに分かるような内容を、調べもせずに聞いてくる奴。よっぽど仲のいい相手でもない限り、イライラします。スマホ持ってるじゃん。検索すりゃあいいのに。

「調べるのは面倒」とおっしゃる人もおります。ある意味頭の言い人ですね。自分が面倒だからと、自分の頭を使わずに人の頭・時間を利用する。恐ろしいわ。

面倒じゃないと思いますがね。スマホかタブレットかパソコンを起動させて適当なブラウザを起動させ、調べたい内容を入力して検索。そして答えを探す。ただそれだけ。辞書をわざわざ引いて・・・、とかじゃああるまいし。

それを「面倒くさい」と言うなんて、よほどの面倒くさがりなのでしょうかね・・・。

検索能力がない

「検索能力」という言葉があります。文字通り、検索する能力のことですね。自分が調べたい内容をどういうキーワードで検索するか、とか間違いも数多くあるインターネット上の情報から、どうやって正しいか否かを見抜くか、など。

検索すればわかるような内容をすぐに人に聞いてばかりいる奴は、この「検索能力」というものがない(低い)でしょうね。検索をせずに人に聞いてばかりなわけですから、いつまでも検索能力が成長しないまま。ある意味可哀想。

間違いの情報が多いからインターネットでは調べない、というタイプの人もいるようです。が、間違いが多いのはインターネットだけではないですし、それにその情報が間違いかどうかをある程度は見抜けるようになるべしでしょう。

とにかく、調べれば分かる内容をすぐに人に聞く奴は「検索能力がない」というわけです。

プライベートを詮索するんじゃねえよ

大した仲でもない相手や嫌いな相手にプライベートを詮索されるとイライラします。こっちがしていること、向かう場所、恋人などを聞かれる・・・。聞いてくるんじゃねえよ。あんたに話す価値はねえ。

無責任

  • とある話をAさんに聞く→他の人にその話を共有したが、その内容は一部間違っていた→Aさんに責任を押し付ける

なんて流れも容易に想像できます。自分で責任を取りたくない無責任な人間が、人に聞いてばかりいる、ということかもしれませんね。

結論

結論を言うと、「聞かれたくない内容・どうでもいい内容をすぐに人に聞くウザい人間とは関わらないべし」ということです。そういう人間は、

  • 相手に大切な時間を平気で奪う。
  • 相手を不快にさせる。
  • 聞かれたくない内容も平気で聞く。
  • 無責任。

こんなふうに並べると、改めて「最悪な人間」であることがわかるのではないでしょうか。関わらないべしでしょう。

申し訳無さそうに言うのならまだわかるのですが、妙に上から目線な態度だったり威圧的に聞いてくる奴もいます。そういう奴とは関わる価値は一切なし。

タイトルとURLをコピーしました