Windows無料セキュリティ「Avira Free Antivirus」!【特徴・インストール・使い方】

この記事は約7分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

ウイルス対策、必須ですよね。ウイルス対策ソフト、そのWindowsパソコンに導入してますか?

え、もしかして導入してない?お金払いたくない?・・・、そんな方々のために、無料のセキュリティソフトである、「Avira Free Antivirus」を紹介します。他にも無料セキュリティソフトは複数ありますが、僕のオススメはドイツ製の「Avira Free Antivirus」です。ということで簡単に解説スタート!

無料でもウイルス検知力が高い、「Avira Free Antivirus」!

この「Avira Free Antivirus」は、無料であるのにもかかわらず(※有料のAvira Antivirusの無料版という立ち位置ですが)、ウイルス検出性能が非常に高いです!複数の機関によって上位の検出性能とされています!ちょっとWikipediaから引用します。

VB100% Award[1]を11回中10回(H+BEDV時代も合わせると27回中18回)受賞したほか、オーストリアの第三者機関であるAV-Comparatives(英語版)[2]が実施しているテストでは、常に上位に位置している。

(中略)

また、定義ファイルによらない未知のウイルスの検出(ヒューリスティック検査)についても、AV-Comparativesが2008年11月に実施した未知ウイルス対策に重点を置いたテストでは、誤検出は他に比べて多かったもののAdvanced評価を得ており、検出率は16製品中1位であった。

引用:Avira Antivirus – Wikipedia(引用日時:2020/01/27)

すごくないですか?そんなに高い検出率のセキュリティソフトを無料で使えるんですよ!でも、メリットだけでなくデメリットもあって・・・。

メリットとデメリット

メリット

  • 検出性能が高い 上で書いたとおりです。
  • 無料で使える やっぱ無料っていいですよね~♪
  • インストールがラク 下の方で書きますが、セットアップファイル(インストーラー)を公式サイトからダウンロードしてダウンロードしたそのファイルを実行してちょっとクリックするだけです。

デメリット

  • 定期的に広告表示がされる 無料だからまああまり気にしませんが、定期的に画面右下にAviraの広告が表示されます。他の無料ソフト(Avastなど)でもこういうのはありますし、嫌な場合は有料セキュリティソフトをおすすめします。
  • インストール時にAvira Free Antivirus以外のソフトやブラウザ向けの拡張機能がインストールされる 邪魔な場合はアンインストールしましょう。僕も多くをアンインストールしてます。
  • 低スペックでは重い 低スペックだと動作が重い、ということも言われていますので、ある程度のスペックのパソコンで使うと良いかも。僕の場合は割と軽めに感じます。多分。ちなみに僕が今使ってるパソコンのCPUは第2世代Intel Core i5、メモリは8GB。

ダウンロード~インストールを簡単に解説

では、ダウンロード~インストール方法を解説していきます。

1.まずは公式ダウンロードページにアクセス。そして、「無料ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

2.ダウンロードしたファイルを実行します。筆者がダウンロードしたタイミングでは、「avira_ja_froe3_5e2ab4fd0ca98__pavws.exe」というファイル名でした。いつダウンロードするかでファイル名変わってるっぽいです。

3.以下ようなウインドウが出ますので、「許可とインストール」をクリック。

4.「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」とかでますので、「はい」です。

5.以下の画面のように、インストールが始まります。

途中で↑の画面が出るかもですが、登録しない場合は×で閉じてOK。どうだろ、登録した場合、スマホ版や他のPCと連携できるのかな?←未検証

※↑僕は上書きするかたち(といえばいいのかな?)でインストールしたため、「Antivirus」のところに「利用できる新しいファイルはありません」と書かれています。まあ、気にしないでくだされにゃ

6.Avira Free Antivirus以外のソフトも一緒にインストールされてしまいますので、インストール途中に「キャンセル」をクリックするか、インストール後にアンインストールしてしまいましょう。ブラウザ(ChromeやFirefoxなど)にも拡張機能がインストールされますが、不要な場合は無効化なり削除すればOKです。

ちなみに僕の場合は、「Avira Free Antivirus」本体以外は全部アンインストールや削除をしました。

7.インストール完了です!

僕の場合は以下のような状態になりました!

「Avira Free Antivirus」の起動

1.さて、さっきのインストール終了直後の画面(下の画像の状態)で、「Antivirus」の右隣にある、「開く」をクリックすると、「Avira Free Antivirus」のウインドウになります。

2.だいたい以下のような画面になります。これが、「Avira Free Antivirus」ですぞよ。

使い方を簡単に解説

ウイルスを探す「スキャン」などの機能を簡単に説明します。

クイックスキャン

クイックスキャンでは、ウイルス感染の可能性が高い部分のみをスキャンします。

1.起動直後の画面で、

・「クイック スキャンを実行する」

もしくは、

・「スキャン」をクリックしてその中にある「クイック スキャン」をクリックし、更にその中にある「スキャンの開始」をクリック

すると、クイックスキャンが始まります。見たまんまですね。

上の画像で、どちらかの「クイックスキャン」をクリックするのであーる

2.以下のように実行されますぜよ。それなりに重くなったりするので、他に起動させてるソフト閉じたら安定かもですん。

上の画面のように、スキャンが終了したら「閉じる」でOKです。

上の画像になったら、「終了」でOKや。

完全スキャン

システム全体をスキャンします。そのため重くなりやすく、時間はかかります。けど全部スキャンしてくれます。

・起動直後の画面で、「スキャン」をクリック。その後の以下の画面で「完全スキャン」をクリックし、その後「スキャンの開始」をクリックします。

カスタムスキャン

自分でスキャンする場所を指定できるスキャンです。

・起動直後の画面で、「スキャン」をクリック。その後の画面で「カスタムスキャン」をクリックし、以下の画面でどれかスキャンを選択し、クリックです。

スケジューラ

(自動での)スキャンのタイミングをいつにするか、スケジュールできます。

・起動直後の画面で、「スキャン」をクリック。その後の画面で「スケジューラ」をクリックします。そしてスケジュールの設定をするだけですぜ。

このスケジュール、自分で設定したのかもともと標準である設定なのかわからんすよ

モジュール:リアルタイム保護とファイアウォール

・起動直後の画面で、「モジュール」をクリック。無料版である「Avira Free Antivirus」では、「リアルタイム保護」や「ファイアウォール」のON・OFが設定できます。標準ではどちらともONになっています。そのままで良いでしょう。

ちなみにこのファイアウォール、独自のものかと思いきやWindows標準のものらしぃ(気にはならないけど)

隔離とアクティビティ

「隔離」では、スキャンでウイルス判定されて隔離されたファイル一覧を閲覧できます。「アクティビティ」は、今までこのソフトで行った動作の履歴、と言ったらいいかな。気にしないでよろしかと。

設定:例外設定

設定の、例外設定だけ解説します。例外設定、ってのは、「例外に設定したファイルやディレクトリはスキャンされない」みたいな感じかなぁ。

1.まずは起動直後の画面で、一番左下にある歯車アイコンをクリック。すると、設定画面が開かれます。

2.この設定画面(上画像)で、左の方にある「例外」をクリック。すると、以下の用な感じの画面に。

3.この画面(上画像)で設定し、「適用」もしくは「OK」をクリックし、例外設定完了です。

一言

ますたータク
ますたータク

申し訳ございません、あちらこちらでいろいろと語尾ふざけました。

ますたータク
ますたータク

無料セキュリティソフトなら、「Avira Free Antivirus」をおすすめする、そして色々紹介、という記事でした~~~!

タイトルとURLをコピーしました