「ワニのパラドックス(人食いワニのジレンマ)」って何?説明してみる

この記事は約2分で読めます。

「ワニのパラドックス(別名人食いワニのジレンマ、以下ワニのパラドックスと表記)」を説明してみます。こういったパラドックスは、寝れない夜にでも考えてみるといいかも。ますます眠れなくなります。根拠はありません。

「ワニのパラドックス」とはこんなのです

「ワニのパラドックス」について、自分なりの言葉で説明します。

ナイル川の河岸にて。緊急事態発生、人食いワニが子供(※:人間)を人質にとりました!そして人食いワニは子供の母親にこう言いました。「俺様はこの後とあることを実行する!それを言い当てたらこの子供は食べずに返してやろう。ただし、間違えたらこの子供は食べる!」

母親はこう答えました。「ワニさん、あなたは私の子供を食べることでしょう。」

 

・・・、といったストーリーです。どういうことか?説明します。

 

ワニが子供を食べることを実行しようとしているのであれば、「俺様はこの後とあることを実行する!」という宣言どおりに必ず子供を食べなければなりません。が・・・、母親による「あなたは私の子供を食べることでしょう。」の予想は大正解。子供を食べてはならないということになります。

あれ?

食べてはならないけど、食べなければならない・・・?こうしてワニは混乱し、何をすることもできなくなってしまいました~(?)。

 

じゃあ逆の場合。ワニが「自分は子供は絶対に食べない」と決めていたとすると。母親による「あなたは私の子供を食べることでしょう。」の予想は不正解となりますよね。結果、解答を間違えてしまったため、「間違えたらこの子供は食べる!」の言葉通りに、子供を食べなければなりません。

あれ?

子供を食べないと決めてるから食べちゃだめだけど、食べなければならない?結局ワニくんは混乱。

一言

「ワニはそんなに深く考えずに子供を食べちゃうだろう。」とかとは、決して思ってはならない

ますたータク
ますたータク

最後まで読んでくれてありがと~

タイトルとURLをコピーしました