ファイルを高速コピー・移動するなら「FastCopy」!【Windows】

この記事は約3分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

大量のファイルだとか大容量ファイルをコピーする・・・、すると、やはり時間がかかります。でも、できる限り高速にコピーしてほしいですよね。そんなときには、今回この記事で書く「FastCopy」を使うと高速コピーできます!高速移動も可能。

ダウンロード~インストール

以下リンクからインストーラーをダウンロードします。窓の杜かVectorからダウンロードできますが、どちらからダウンロードしてもOKです。

「FastCopy」のダウンロード先はこちら

ダウンロードしたら、ダウンロードしたファイル(僕のダウンロード時は「FastCopy386_installer.exe」)を実行します。

実行してそのまま「開始」をクリックしたら「FastCopy」のインストールができます。「展開のみ」をクリックしたら、インストールせずにポータブル版としてファイルが出てきます。

僕の場合そのまま「開始」をクリックしてインストールしました。

「FastCopy」の使い方

基本的な使い方だけ紹介します。

1.まずは「FastCopy」を起動します。以下の画像のような画面が出てきます。

2.「エラー時継続」「ベリファイ」「予測」「ACL属性」「副次Stream」「フィルタ」といったチェックボックスがあります。この中でも「エラー時継続」と「ベリファイ」「予測」にチェックを入れておくことをおすすめします。以下の理由からです。

  • 「エラー時継続」は、エラーが起きても中断せずに可能な限りコピーを継続します。エラー表示欄やエラーログには情報が残りますし、FastCopyによるコピー実行中にずっと放置していても問題なしです。
  • 「ベリファイ」は、コピー終了後にデータに誤りがないか、とかをチェックしてくれます。
  • 「予測」は、コピー実行中にどれくらい時間がかかるか予測し表示してくれます。(ただ、いつも予測よりはやく終了しますw 嬉しい)

チェックを入れたら以下の画像のような感じに。

3.「差分(サイズ・日付)」の文字をクリック。すると以下の画像のようになります。ここから、動作モードの選択ができます。

動作モードは以下から選択できます。

  • 差分(上書きなし):同じファイル名がある場合は上書きコピーしない。
  • 差分(サイズ・日付):同じファイル名がある場合、サイズか日付が違う場合に限り上書きコピーします。
  • 差分(最新日付) :同じファイル名がある場合、日付が新しければ上書きコピーします。
  • コピー(全上書き):どんな場合でも上書きコピーします。
  • 同期(サイズ・日付):コピー元とコピー先を同じ状態にします。コピー先に、「コピー元では存在しないファイル」があれば削除されます。
  • 移動(全上書き):コピー先からコピー元にファイルを移動。コピー元にファイルは一切残りません。
  • 全削除:指定したファイルやディレクトリ(フォルダ)を全て強制全削除。

僕は今回は、「コピー(全上書き)」を選択しました。

3.「Source」をクリックしてコピー元ファイルかディレクトリ(フォルダ)を選択します。そして「DestDir」をクリックしてコピー先ディレクトリ(フォルダ)も選択。するとだいたい以下の画像のような画面になります。

4.「実行」をクリックすると高速コピーがスタートします!

5.以下の画像のような画面になったらコピー終了です!

一言

エクスプローラーでコピーとかするときと比べて圧倒的に高速にコピーしてくれるので、この「FastCopy」は超便利です!

ますたータク
ますたータク

最後までお読みいただき、ありがとござました!

タイトルとURLをコピーしました