閏年(うるう年)って、どんな仕組みなのか?いつ来るのか?解説

この記事は約3分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

この記事を書いているたった今(筆者の僕から見て)はちょうど2020年2月29日。閏年ってわけですが、そもそも閏年ってどういう仕組みなのか?いつ来るのだろうか?とか思いますよね。そんなわけで、今回は閏年について書きます。

閏年(うるう年)といえば

平年であれば1年365日のところが、閏年では2月29日が追加されて1年366日になります。

そして4年に1回来るのが閏年。そんなイメージですよね。オリンピックの年、とか、アメリカの大統領選挙の年、というふうに覚えていた時期が僕にはありましたが、ちょっと違うようです(後述)。

閏年(うるう年)の意味

閏年は、「平年よりも日数が多い年」という意味のようです。

世界で最も広く使われているカレンダーが「太陽暦」というものです。そしてこの太陽暦さん、地球が太陽の周りを回る周期をもとにしているのですが・・・、地球が太陽の周りを一周するのは365.2422…日になります。

そのため、時間を合わせるために、およそ4年に1回、閏年というのがあるのです。

4年に1回じゃなかった!?閏年(うるう年)の計算方法

上で、「地球が太陽を一周するのは365.2422…日」「時間を合わせるために、およそ4年に1回、閏年というのがある」というふうに書きましたが、4年に1度1日を加えつづけたら、それはそれで加えすぎとなっちゃうようで。そして少しずつずれが出てきちゃいます。

そのずれは、400年におよそ+3日ほど。

これも調整しなきゃ!ってなわけで、

  • 西暦が4で割り切れる年は、基本閏年やで!
  • でも、西暦が100で割り切れて、400では割り切れない年は平年やで!

というふうに決まっているわけです。

つまり、西暦2100年、西暦2200年、西暦2300年、西暦2500年とかは4で割り切れるけど、100で割り切れて400では割り切れないから、平年!ということになりますね。

さらに、2020年~2096年の間はずっと閏年がやってくる、ということになりますね。

閏年(うるう年)の2月29日が誕生日の人はどうなる?

2月29日が来ないと年齢が上がらない、だから、16年たった今もまだ4歳・・・。なんてネタを聞いたことがありますが、もちろん実際はそんなことはありません。

「生まれた日を0歳として、その年の翌年以降、誕生日の前の日が終わったら年齢が1歳上がる」と決められているようです。「年齢計算ニ関スル法律」とかいうやつで。

要は、閏年の2月29日生まれの人は2月28日が終了した時点で1歳上がりますよ!

一言

ますたータク
ますたータク

余談ですが、他にも「閏月」とか「閏秒」なんてのもあるらしいです。こういうのって、なかなか面白いですよね。

タイトルとURLをコピーしました