【持論】映画館の席の最前列真ん中は、最高の席だ!!!

この記事は約4分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

コロナ渦の影響で最近映画に行けてない僕です。ああ、ドラえもんが見たい、あのホラー映画が見たい、もののけ姫も見に行きたい・・・。早く収束してほしいもんです。コロナ渦。

さて本題。映画館に映画を見に行ったとき、どこに座りますか。

僕の友人らはだいたい、後ろの方の通路側とか選んでます。「すぐに出れるから」という理由らしいです。

そして人気なイメージが有るのは、真ん中付近。

そして僕が毎回選ぶのは・・・

ますたータク
ますたータク

最前列の真ん中一択!

もののけ姫 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,170(2020/09/23 01:18時点)

最前列真ん中が最高の席だと思う!メリットを紹介

完全に僕の主観ですが、最前列の真ん中こそが最高の席だとおもってます。最も不人気な席でしょうがw

それはそうとして、最前列真ん中が最高だと思う理由・メリットを一つ一つ書いていきます。

スクリーンに超近く、前に人がいない。映画に集中できる!

最前列の真ん中、という席は最もスクリーンに近い席です。それだけに、目の前の映画に最大限に集中することができるのです!

それに、後ろの席だと前の席の人が喋ってたりイチャイチャしてたり、スマホの明かりがついていたり、なんてこともあり邪魔に感じることが多々あります。それに、前の人の頭が邪魔で映画が見えない、なんてこともしょっちゅう。映画に集中できないというのは映画鑑賞をする上で最悪です。

最前列の席なら、前に人がいて邪魔ということはありません。それに、最前列の真ん中なら、目の前に映画があるので最大限に集中することができる、というわけです!

ますたータク
ますたータク

最前列の真ん中は臨場感が半端ないですよ!

好きな姿勢をできる

足を思いっきり伸ばすことができるのは、前に席のない最前列の特権です。好きな姿勢で好きなように映画を見れます。まるで寝転がっているような姿勢(この表現、正解なのかな・・・)にしてもOK!

流石に、隣に人がいたらやりにくいですが、最前列の席は不人気なので、隣に人がいることは少ないです。超人気の映画館で超人気の映画を見る時くらいです(経験済み)。

最前列で前に席がない+不人気、という席なだけに、割と好きなようにできるのはなかなか大きな利点かと思います。

周りに人がいない事が多い

最前列は不人気なので、最前列に自分一人だけ、ということが多いです。つまり、映画を一人で独占したような気分に。サイコー!

それに、周りに人がいないということはマナーの悪い連中にも遭遇しにくいということ。上でも少し書いたとおり、マナーの悪い人間にイライラする事なく、映画だけに集中することができるわけです!

デメリットもある

残念ながら、デメリットもあります。だから人気がないのでしょうが・・・。

首痛くなりやすい

最前列の真ん中の席は上を見上げる形になるので、首が痛くなりやすいです。

ですが、足を伸ばしまくり、寝転がっているかのような姿勢(この表現、正解なのかな・・・ その2)にすると首痛くはないです。最前列真ん中で好きな姿勢にしやすいので、このデメリットはあってないようなものです。

スクリーンが近すぎることがある

たま~に、スクリーンが近すぎる映画館もあります。最前列から2メートルくらいのところにスクリーンがあるような映画館。

こういう映画館では、全てのメリットがなくなります。ただ見にくいだけの最悪な席になります。だからあらかじめしっかり調べておくべし、ってわけです。

(もっとも、スクリーンが近すぎるような映画館はあまりないと思いますが・・・)

極稀に同じ思想の人間に出くわす

ほぼ毎回、僕は最前列の真ん中の席を取ることに成功していますが、極稀に既に取られていることがあります。それも、多くの席が空いているのに。

即ち、同じ思想のライバル出現!というわけです。

ますたータク
ますたータク

正直、最前列の真ん中以外でいい席とかあんのか・・・?と思っているので、最前列真ん中を既に取られていると「どこの席にしよう・・・?!」と焦りますw

一言

そんなわけで、僕は最前列の真ん中が最高だと思ってるわけです。デメリットよりメリットのほうが遥かに大きいと思う。

ますたータク
ますたータク

だから、最前列の真ん中は開けておいてください。僕のために開けておいてください。ライバル増えるなぁ、増えるな!永久に不人気であれ・・・!(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました