SDカードのフォーマットなら、専用ソフト「SDメモリカードフォーマッター」!

この記事は約4分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

この記事では、SDカードのフォーマット専用ソフト「SDメモリカードフォーマッター(SD Card Formatter)」(以下、SDメモリカードフォーマッターと表記)について書きます。このソフトは、SDカードの規格を作っている団体「SDアソシエーション」によるソフトなので、信頼度抜群です。

OS標準のフォーマットでいいんじゃね?

例えばWindowsとかなら、そのOS標準でフォーマット機能がついています。それを使っても別にいいのですが、SDアソシエーションによると、

SD/SDHC/SDXCカードをフォーマットする際、オペレーティングシステムに付属しているフォーマットツールではなく、このSDメモリカードフォーマッター を使用することを強く推奨します。一般的に、オペレーティングシステムに付属しているフォーマットツールはSD/SDHC/SDXCカードを含むさまざまな記録媒体をフォーマットできますが、SD/SDHC/SDXCカードに最適化されていない可能性があり、結果的に性能が低下する場合があります。

引用元:SDメモリカードフォーマッター – SD Association(※:2020年02月12日閲覧)

とのことです。つまり、OS標準のフォーマット機能では性能が低下する恐れがあるから、SDアソシエーション開発の「SDメモリカードフォーマッター」のほうがいい、ということです。

ダウンロード~インストール

まずは、以下のページから「SDメモリカードフォーマッター」をダウンロード。

「SDメモリカードフォーマッター(SD Card Formatter)」のダウンロード先はこちら

ダウンロードしたファイル(僕の場合は「SDCardFormatterv5_WinJP.zip」というファイル名)はzip圧縮されていました。もちろん解凍します。

すると、解凍したあとのフォルダのなかにインストーラファイル(僕の場合は「SD Card Formatter 5.0.1 Setup JP.exe」というファイル名)があります。そのインストーラーファイルを実行し、手順に従ってSDメモリカードフォーマッターをインストールしましょう。

使い方

1.まずは「SDメモリカードフォーマッター」を起動します。「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」は「はい」です。起動すると、以下の画像のような画面に。

2.SDカードをパソコンに入れます。そして「更新」をクリックすると、以下の画像のように、「カードの選択」部分にデバイス名(SDカード名)とかが表示されます。複数のデバイスを接続している場合は、あらかじめ自分がフォーマットしたいデバイス名を「カードの選択」で選択しておきましょう。

ちなみに僕の場合パソコンのSDカードスロットが壊れているので、いつも以下の商品を使っています。

3.「フォーマットオプション」を選択します。その「フォーマットオプション」について、解説します。基本的にそのままで大丈夫です。

  • クイックフォーマット:早い話が通常のフォーマットです。大体の場合がこっちでOK。
  • 上書きフォーマット:このフォーマットでは今までのファイルを復元不可能な状態にできます。
  • CHSフォーマットサイズ調整:計算された容量でフォーマットできるようです。本来のSDカードの容量からかけ離れてる、なんてときに使えるとか。僕は一度も使ったことがありません。
  • ボリュームラベル:ボリュームラベル(デバイスの名前)を自分で決めてフォーマットできます!

よくわからない人向けに書くと、これから自分でそのSDカードを使う場合は、「クイックフォーマット」(最初っから選択されてます)でOKでしょう。誰かにSDカードをあげるときとかそのSDカードを廃棄するときとかは「上書きフォーマット」でOK。

4.右下にある「フォーマット」をクリックします。すると、以下のウインドウが出ますので、「はい」をクリックでフォーマットが実行されます。

5.終了したら以下のウインドウがでます。「OK」をクリックしましょう。たったこれだけでフォーマット終了です!

一言

ますたータク
ますたータク

一言は特になし

タイトルとURLをコピーしました