【TP-Link RE200】無線LAN中継機を使ったら超快適になった!

この記事は約3分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

我が家では、Wifiルーターは1階にあります。そのため、2階にいるとそのWifiに接続できない、なんて機器が複数ありました。ニンテンドースイッチとか。

そこで買うことにしたのが、無線LAN中継機。早い話が、Wifiに接続できる範囲を広めることができる機械です。今回はTP-Linkの「RE200」という無線LAN中継機を買ってみました。理由は、セールで安かったから。

TP-Link・・・、といえば、僕は無線LAN子機もTP-Linkのものを使ってます。

いざ開封!

さて早速、TP-Linkの「RE200」を開封していきます。

箱はこんな感じでした。

 

箱を開けると・・・、

こんな感じ。新品なのに紙が折れ曲がってますね。気にしないキニシナイ・・・。

 

さて、肝心の本体は・・・、

こんな感じ。

 

また、底面にはリセットボタンと有線LANポートがありました。

使い方(設定方法)

使い方(設定方法)は3通りあり、どの方法も取扱説明書に書いてあります。以下では、僕がした使い方を書きます。簡単でした。すぐ終わりました。

1.RE200(Wifi中継機)をコンセントに差し込む。

2.WifiルーターのWPSボタンを押す。

3.上の「2.」をしてから2分以内に、RE200のWPSボタンを1秒間だけ押す。

4.しばらく待ちましょう。RE200のWPSボタンやランプが点灯したら、リンク成功!

5.リンクが正常に完了すると、RE200による中継電波の名前は、「”親機のWifiルーターの名前”_EXT」と「”親機のWifiルーターの名前”_5GEXT」の2つになりました。パスワードは親機のWifiルーターのパスワードと同じです。

感想(軽くレビュー)

今までニンテンドースイッチでWifiが使えなかった2階でも、この「RE200」のおかげで使えるようになりました!速度も今までより快適になり、最高です!

ただ、気になる点もあります。RE200使用中、RE200本体が若干熱くなるという点。新品なのに紙が折れ曲がってた、という点。

それでもWifiのスピード等、非常に快適になったので嬉しいです!設定も簡単だったし。

一言

ますたータク
ますたータク

Wifiが快適になったぞー!イエーイ!

タイトルとURLをコピーしました