「Windows 10 Default App Remover」でWindows 10の不要な標準アプリを消す

この記事は約3分で読めます。

Windows 10、様々な標準アプリ(ソフト)があります。わざわざこんなに用意してくれてすごいなぁ、とも思いますが、いらないものも多し。しかも普通のやり方では、アンインストールできない・・・。

と思ったら、Windows 10の標準アプリをアンインストールできるソフト、「Windows 10 Default App Remover」を発見したのでダウンロード方法~使い方を説明しようと思います!

ちなみに、以下の「Geek Uninstaller」でも標準アプリの削除は可能です(「Windows 10 Default App Remover」のほうがやりやすい気がするが)。

ダウンロード

執筆時点での情報です。

以下のダウンロード先リンクを開きます。

「Windows 10 Default App Remover」のダウンロード先リンク(別タブで開きます)

開いた先のページで、「Download link (All versions)」のところにある「Google Drive」をクリックします。そしてそのGoogle Driveのページから、最新版をダウンロードします(筆者がダウンロードした時点で、「WXAR_1.2.exe」が最新版のようでした。)。

ちなみに、インストール不要ソフトのようです。

実行・使い方

以下、使い方です。

アンインストール手順の紹介

1.ダウンロードした実行ファイル(僕の場合は、「WXAR_1.2.exe」)を実行します。以下のウインドウが出ます。

2.アンインストールしたいアプリのアプリ名をクリック。僕の場合は、「Camera」をクリックしました。

3.以下の画像のようなウインドウが出てきます。よければ「はい」のクリック。

そのあと、以下のような感じで選択したアプリがアンインストールされます!

たったこれだけでアンインストール作業は終了です!

インストールもできるっぽい

なお、右下にある「Install Mode (May not work)」のチェックボックスにチェックを入れてからアンインストール方法と同様の手順をすることで、アンインストールしたアプリを再びインストールし直すこともできるようです。僕の場合はしていませんけど。でも用意されている、っていいですね!

一言

ますたータク
ますたータク

本来削除できないアプリ(ソフト)でも削除できる。かなり便利で素晴らしいニャ!作者さんに感謝!

ますたータク
ますたータク

最後までお読みいただきありがとうございました!

以下の「Geek Uninstaller」でも標準アプリの削除は可能。

タイトルとURLをコピーしました