【PR】多機能ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」をレビュー!

この記事は約10分で読めます。
この記事は、「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」の開発元のWonderFox Soft, Incさんから、製品(永久ライセンス)提供・レビュー記事執筆依頼を受けて執筆しています。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のレビュー執筆依頼を頂きました。それで、「どんなソフトなんだろう・・・?」と思い、公式サイト等を調べてみて、思いました。

ますたータク
ますたータク

なんだこのソフト、凄いな・・・!

と。というのも、機能が思った以上に豊富で・・・!

 

この公式ページによると・・・、
・変換
・編集
・ダウンロード
・録画
・GIF制作
・ツールボックス
これだけたくさんの機能が、このソフト一本に入っているわけです!驚きました。これは凄い!なかなかの多機能ソフト!

というわけで、このソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のレビューを書いていきます!

ダウンロード~インストール

まず、以下の公式ページにアクセスします。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のダウンロード先はこちら

そして、「無料ダウンロード」をクリックすると、インストーラー(「hd-video-converter-pro.exe」というファイル名でした)がダウンロードされます。ちなみに、容量は85MBほどありました。

そしてダウンロードしたそのファイルを実行し、手順に従ってインストール。

ライセンスについて

ライセンスについてです。「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」は無料でダウンロード・インストールできますが、そのまま無料で使うと機能に制限がついています。

無料版の場合、
・動画ファイルの変換 5分間のみ
・動画のダウンロード 5回のみ
・画面の録画 5回のみ
といった制限があります。

そこで、有料のライセンスを購入することで、制限無しでこのソフトを使えるようになります。

ライセンスは、

・1年間ライセンス
・永久ライセンス
・家庭ライセンス

の3種類があるようです。

・「1年間ライセンス」は1年間だけ使えるライセンス
・「永久ライセンス」は永久に使えるライセンス
・「家庭ライセンス」は3台のパソコンに永久に使えるライセンス

という感じのようです。

このレビュー記事は、開発元のWonderFox Soft, Incさんから提供された永久ライセンスをもとにして執筆しました。

使ってみた

初回実行

さて、インストールした「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」を実行しました。

少し待ちます・・・。

上のような画面になりました。ライセンスキーを所持している場合は、入力して「登録」をクリックしましょう。登録しなくても無料版として使えるようですが、その場合は機能にさまざまな制限が付きます。この記事では、上でも書いたとおり、提供いただいた有料版のレビューを書いていきます。

提供されたライセンスキーを登録すると、上の画面になりました。「確定」をクリック。

色々試せそうだ

というわけで、「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」の様々な機能を試してみました。

変換・編集

まずは、「変換」機能をレビューしていきます。この機能で、動画編集もできるようです。

見やすい画面です。日本語がおかしいのは気にしない・・・。

画面真ん中の「+」をクリックして指定する、もしくはドラック&ドロップで変換したいファイルを追加します。

ちょうど僕には、ファイル形式を変換したい・ちょっとした編集をしたいファイルが有ったため、そのファイルで試すことに。

 

さて、画面をキャプチャし、数字を付けてみました。数字を付けたそれぞれの機能の解説をしていきます。

1.出力ファイル名の変更
2.出力先フォルダの変更
3.出力先フォルダの表示
4.出力する動画の圧縮率設定
5.出力先のファイル形式の指定
6.パラメータ設定
7.クイック設定(解像度の変更)
8.字幕の設定
9.?
10.動画のファイル情報の確認
11.切り取り
12.回転・反転
13.トリミング
14.特殊効果
15.ウォーターマーク
16.ファイルの元の情報
17.変換

1.出力ファイル名の変更

出力されるファイル名を変更できます。

2.出力先フォルダの変更

出力先のフォルダの変更ができます。

3.出力先フォルダの表示

エクスプローラーで出力先フォルダを表示します。

4.出力する動画の圧縮率設定

スライダーを動かすことで、出力先の動画の圧縮率の設定ができます。

5.出力先のファイル形式の指定

出力先のファイル形式(フォーマット)を選択できます。これがかなりたくさんのファイル形式を選択できるのが嬉しいです。動画ファイルとしてだけでなく、音楽ファイルとして出力することも可能な模様。「デバイスを選択する」では、それぞれのスマホやテレビなど向けにファイル形式を変換することも可能なようです。

6.パラメータ設定

さまざまな設定ができるようです。僕は一切変更せず、そのままにしています。

7.クイック設定(解像度の変更)

解像度の変更ができます。画質を上げることまでできるのはすごいです。

8.字幕の設定

「使用禁止」ってどゆこと?と思ったのですが、どうやら字幕を付けるか否かの設定ができるようです。専用の字幕ファイルをインポートすることにより、字幕をつけることができるようです。

9.?

これについてはよくわからないので割愛します。

10.動画のファイル情報の確認

動画のファイル情報の確認ができます。

「コピーする」をクリックすると、ここに書かれている情報のコピーができます。

11.切り取り

動画の切り取りが行なえます。切り取りしたくない部分を選択し、

「切り取り」をクリック。

そして、「確定」をクリック。

12.回転・反転

それぞれのボタンをクリックするだけで、動画の向きの回転・反転ができます。終了したら、「確定」をクリック。

13.トリミング

動画の画面の不要部分をカットできます。選択した部分以外がカットされます。

終了したら、「確定」をクリック。

14.特殊効果

動画に特殊効果を加えることができるようです。

終了したら、「確定」をクリック。

15.ウォーターマーク

動画にテキストや画像を表示させる編集ができるようです。

終了したら、「確定」をクリック。

16.ファイルの元の情報

ファイルの情報の編集編集ができるようです。

終了したら、「確定」をクリック。

17.変換

以上書いてきた各機能の設定が終了したら、画面右下の「変換」をクリックします。

しばらく待ちます・・・。

変換が終了すると、効果音とともにこの画面が表示されました。「開く」をクリックすると、出力先のフォルダが開かれます。

完成した動画に問題点は一切ありませんでした。

ダウンロード

インターネット上の動画をダウンロードできるようですが、この記事では割愛します。

録画

続いて、「録画」の機能をレビュー。パソコンの画面を録画できるようなので、少し試してみました.

「録画」では、
・ウィンドウモード or 全画面
・クイック設定(画質の設定)
・マイク
・出力先フォルダ
以上の設定が可能です。

言うまでもなく、「ウインドウモード」では選択したウインドウを録画でき、「全画面」では全画面の録画ができます。

「マイク」のチェックボックスは、なんだこれ。外の音をマイクで拾ってくれるのかな・・・?(正直、よくわからない・・・。)

そして、「クイック設定」では、画質の設定ができるようです。

出力先のフォルダは、自分で変更することも可能ですが、僕はそのままにしておきました。

そして「REC」をクリックすると、録画がスタートします。

というわけで、僕・ますたータクは、とりあえず今製作中のフリーホラーゲームのオープニングを録画してみることに。

ファイル形式はmp4で、録画と同時にエンコード(リアルタイムエンコード)されていました。

が・・・。

なぜか録画位置がずれてしまいました・・・。ウインドウモードにしても全画面にしても・・・。いろいろ試してみても変化なし・・・。

僕のやり方が悪いのか、ソフト側に問題があるのかよくわかりませんが、この機能は僕には使えませんでした。

ウィンドウ録画中に以下の表示が出るのですが、この表示までも録画されてしまうのは残念です。

まあ、この「録画機能」はあくまでもおまけである、と考えておくとよいでしょう。

GIF製作

2種類のGIF製作方法があるようです。日本語おかしいのが気になりますが、伝わるからよしとしましょう。

動画はGIFに変換

動画をGIFに変換できます。

左上の「動画を追加」をクリックし、GIFにしたい動画を選択。

そして、

・GIFにしたい部分を選択
・解像度を設定
・フレームレートを設定
・品質を設定
・間隔の設定
をします。終了したら、画面右下の「GIFを作成」をクリック。

少し時間がかかりました。変換の処理が終わったら、効果音がしてそれと同時に、出力先のフォルダが自動的に開かれました。

完成したGIFに問題点は一切ありませんでした。

画像はGIFに変換

画像数枚を組み合わせ、GIFに変換できます。

左上にある「画像を追加」をクリックし、GIFにしたい画像を選択。

僕は、とりあえず4枚の画像をまとめてGIFにすることにしました。

そして、

・解像度の設定
・品質の設定
・間隔の設定
をします。終了したら、右下の「GIFを作成」をクリック。

画像をGIFにする変換の処理が終わったら、効果音がしてそれと同時に、出力先のフォルダが自動的に開かれました。

完成したGIFに問題点は一切ありませんでした。

ツールボックス

「ツールボックス」には、4つの機能があるようです。

・写真は動画に変更
・スクリーン分割ツール
・ベルツール
・字幕エクスポート

写真は動画に変更

「写真は動画に変更」では、画像数枚をあわせて、スライドショーのような動画を作成できるようです。日本語がおかしいのは気にしないということにしましょう。

左上にある「画像を追加」をクリックし、動画にしたい画像を選択。

そして、

・解像度の設定
・品質の設定
・間隔の設定
をします。終了したら、右下の「動画を作成」をクリック。

画像を動画にする処理が終わったら、効果音がしてそれと同時に、出力先のフォルダが自動的に開かれました。

完成した動画に問題点は一切ありませんでした。

スクリーン分割ツール

この機能では、複数の動画が1つの画面の上で同時に再生される、という感じの童画が作れるようです。

ベルツール

音声ファイルをカットしファイル形式を変換することにより、着信音を作れるツールのようです。

字幕エクスポート

選択した動画に字幕ファイルが入っていた場合、その動画から字幕ファイルを抽出することができるようです。

まとめ・感想

WonderFox HD Video Converter Factory Pro」について書いていきました。

日本語への翻訳が完璧でない点が気になりましたが、どの機能も直感的に操作でき非常に使いやすかったです。特に、動画のファイル形式の変換機能は様々な形式に変換できるのがいい感じでした。動画の画質を上げることもできたのは驚き。動作が軽かった点もいい点です。

気になったら、まずは無料体験してみてはいかがでしょう。なかなか使いやすいですよ!

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のダウンロード先はこちら

ますたータク
ますたータク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました