WordPressを手動インストールする手順を解説!

この記事は約4分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

この記事では、WordPressの手動インストール方法について手短に解説します。

多くのレンタルサーバーには自動インストール機能があり、非常に便利です。が、デメリットもあります。インストール先やデータベース名などが自分で決められない場合がある、とか、仕組みがわからないままになってしまう、など・・・。個人的には自動インストール機能はあまり好きじゃないな、という部分が多いので、僕はいつも手動インストールをしています。

インストールに必要なもの

もはや言うまでもないかもですが、書いておきます。

この記事の手順を実行するには、PHPやデータベースが使えるサーバーやドメイン、FTPクライアントソフトが必要です。

WordPressサイト公開用のドメインと適当なサーバーを用意しておいて、ネームサーバーの設定もあらかじめ済ましておきましょう。

FTPクライアントソフトも必要です。パソコンにインストールし、使い方がわかるようにしておきましょう。ちなみに僕が愛用しているFTPクライアントソフトは、「FileZilla」です。

WordPress手動インストール手順

データベース作成

あらかじめ、サーバーの機能やphpMyAdmin等で、WordPressで利用するためのデータベースを新規作成しておきましょう。後で使います。

WordPressのファイルをダウンロード~アップロード

まずは、以下の公式サイトのダウンロードページにアクセスし、最新版にWordPressのファイルをダウンロードします。

ダウンロード | WordPress.org 日本語

そしてダウンロードしたファイル(筆者がダウンロードした時は、ファイル名は「wordpress-5.3.2-ja.zip」でした。)は圧縮されているので、解凍します。

解凍すると、「WordPress」というフォルダが出てくるかと思います。

FTPクライアントソフトを使って、解凍して出てきた「WordPress」の中身のファイルすべてを、まとめてドメインのルートディレクトリにアップロードしましょう。時間がかかるので、のんびり待ちます。

解凍せずにアップロードして、サーバー上で解凍する、という方法もありますが、ここでは割愛します。

「ドメインのルートディレクトリ」がよくわからない人へ。

「ドメインのルートディレクトリ」とは、WordPressやHTMLファイル等をアップロードするディレクトリの一番上のことです。それが利用サーバーによって仕様が異なりますので、利用サーバーの公式サイトから確認するのをおすすめします。多くの場合は、ドメイン名のフォルダだったり、もしくはその中にある「www」フォルダや「public_html」フォルダかと思われます。

URLにアクセス

1.アップロードが終わったら、アップロード先のドメインにウェブブラウザでアクセスします。すると、以下の画像のような画面かと思います。この画面で、「さあ、始めましょう!」をクリックします。

2.今度はこんな画面に。

ここでする必要があることは以下の通り。

  • 「データベース名」に、あらかじめ作っておいたデータベースの名前を入力。
  • 「ユーザー名」に、データベースのユーザー名を入力。
  • 「パスワード」に、データベースのパスワードを入力。
  • 「データベースのホスト名」には、データベースのサーバー名(ホスト名)を入力します。
  • 「テーブル接頭辞」は、基本的にそのままでOK。適当なものに変えても問題なし。

「データベースのホスト名」のデータベースのサーバー名(ホスト名)は、レンタルサーバーの管理画面から確認できます。

僕が愛用している「さくらのレンタルサーバー」の場合を書きます。サーバコントロールパネルから「データベースの設定」をクリック。そして表示されるページにある「データベース サーバ」が「データベースのホスト名」に入力する情報です。

全部の入力が済んだら、「送信」をクリック。

3.入力していた情報に間違いがなければ、以下の画像のような画面が表示される。「インストール実行」をクリック。

4.そして今度はこんな画面に。

ここでする必要があることは以下の通り。

  • 「サイトのタイトル」には、サイトのタイトル(名前)を入力。
  • 「ユーザー名」には、WordPressで使いたいユーザー名(ログインID)を入力。
  • 「パスワード」にはもちろんパスワードを入力。最初から入力されてますが、自由に変えていい。
  • 「メールアドレス」には自分のメールアドレスを入力。
  • 「検索エンジンでの表示」はお好みで。チェックを入れた場合、noindexタグが追加されます。

全部の入力が終わったら、「WordPress を インストール」をクリック。

5.以下の画像のような画面になったらインストール成功・終了です!「ログイン」をクリックするとログイン画面に移動します。なおこの画像ではユーザー名は隠しています

一言

ますたータク
ますたータク

慣れたら簡単!

タイトルとURLをコピーしました