WordPress日本語版なら「WP Multibyte Patch」を導入しよう!

この記事は約2分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

WordPressは本来、英語向けに作られたCMSです。そのため、日本語版を使おうとすると不具合が出てしまう場合があるのです。文字化けとか。「WP Multibyte Patch」というプラグインをインストール・有効化するのがおすすめです。

「WP Multibyte Patch」はもともとはWordPress日本語版に標準搭載されていました

この「WP Multibyte Patch」プラグインは、もともとはWordPress日本語版に標準搭載されていました。何故かはわかりませんが、WordPress 5.0以降は標準搭載されなくなったようです。

過去に標準搭載されていたほどのプラグインです。導入しておいたほうが良いのではないでしょうか。

導入しなかったらこうなるかも

前述したとおり、不具合がでるかもしれません。例えば・・・、

  • 日本語名の画像ファイル、まともに読み取れない・・・。
  • 全角スペースをちゃんと認識してくれない・・・。
  • 文字数カウント、正しくカウントできてない・・・。

などといったふうに。

英語圏で作られたゆえに、日本語で利用しようとすると不具合が出てしまう。ですが、WP Multibyte Patchが導入されていればこういった問題が出てくることはなくなります。なので、必ずインストール・有効化しておきましょう。

インストール~有効化~使い方

プラグイン追加画面で「WP Multibyte Patch」で検索すると、WP Multibyte Patchプラグインが出てくるかと思うので、それを「今すぐインストール」すればOKです!

詳しいインストール方法は以下の記事をどうぞ。

インストールが終了したら、早速「有効化」をクリックして有効化します。

なお、このプラグイン「WP Multibyte Patch」の使い方は有効化するだけでOKです!

一言

ますたータク
ますたータク

WordPress日本語版使うなら、WP Multibyte Patch、大事ですよ!

タイトルとURLをコピーしました