Windows風無料OS「Zorin OS 15」を紹介!インストール方法・設定方法も【おすすめ】

この記事は約10分で読めます。

ますたータク
ますたータク

ども。ますたータクだにゃ

無料OS。結構いろいろあるのですが、Windowsではなく、あくまでもLinuxなどのため、結構使いづらく感じることもしばしば。ですが、今回紹介する「Zorin OS」なら、Windows風でなかなか使いやすいですよ!

この記事では、Windows風おすすめ無料OS「Zorin OS」の執筆現時点での最新版、「Zorin OS 15」がどんな感じなのか紹介・ダウンロード先・インストール方法・設定方法を書いていきます!

筆者の場合、中古で5000円ほどで購入したWindows Vista搭載PCにインストールすることにしました。

「Zorin OS」とは?

UbuntuがベースのLinuxディストリビューションで、見た目がWindowsっぽくて使いやすいです!上の画像のように、Windows風なので、Linux系のOSを初めて使うという人でも直感的に、かんたんに操作できます。Ubuntuベースなので、Ubuntuのソフトが使えます!

今回はもともとWindows Vistaが搭載されていた32bitのパソコンにインストールしたのですが、非常に快適に使えます!

スタートメニューはこんな感じ

写真なので画像が粗いのは申し訳ない。Zorin OS 15 Liteのスタートメニューの画像です。Windowsをよく意識して作られているのがわかります。

初期状態で入っていた、よく知っているソフト

Zorin OS 15 Liteの初期状態(インストール直後の状態)で入っていた、「よく知ってる!Windowsにもある!」というソフトを、簡単に紹介します。

・Firefox:ウェブブラウザ

・Thunderbird:メールクライアント

・Libre Office:オフィスソフト

・GIMP:画像編集ソフト

他にも多くのソフトが存在しています!

 

と、このように、Windowsからの乗り換えはしやすいかと思います。

「Zorin OS」の種類

Zorin OSは、以下の種類に分かれます。

Zorin OS Ultimate

$39の有料版。

有料なだけあって、Zorin OSの中で最も高機能となっています。

Zorin OS Core

無料版。

通常のZorin OS、ってとこかな。

Zorin OS Lite

無料版。

軽量版で、スペックの低いパソコンとかでも快適に動作します!

Zorin OS Education

無料版。

教育版のようです。

「Zorin OS 15」のスペック要件

Zorin OS 15のスペック要件は、以下のとおりです。

Zorin OS Ultimate, Education, and Core
CPU 1 GHz Dual Core – 64-bit
RAM 2 GB
Storage 10 GB (Core & Education) or 20 GB (Ultimate)
Display 800 × 600 resolution

Zorin OS Lite
CPU 700 MHz Single Core – 64-bit or 32-bit
RAM 512 MB
Storage 8 GB
Display 640 × 480 resolution

出典:System Requirements – Zorin OS(※:2020年02月02日閲覧)

インストールしたいパソコンに合ったものを選びましょう。

「Zorin OS」ダウンロード~インストール手順

今回は、「Zorin OS 15 Lite」をインストールしたので、その手順を書きます!Zorin OS Liteでも他の種類のでも変わらないかと思われます。

OSのインストールは完全に自己責任です。仮にこの手順を実行してパソコンがぶっ壊れたりしても、こちらでは一切責任を負えませんのでご注意。

イメージファイルをダウンロード

まずは、以下のサイトのうちどちらかからイメージファイルをダウンロードします。

Zorin OSの公式サイトからダウンロード

SourceForge.netからダウンロード

僕は今回はSourceForge.netから「Zorin-OS-15.1-Lite-32-bit.iso」をダウンロードしました。容量の大きさゆえに時間がかかるでしょうので、気長に待ちましょう。

イメージファイルを書き込む

先程インストールしたイメージファイル(僕の場合は、Zorin-OS-15.1-Lite-32-bit.iso)を、インストール用に使いたいメディア(USBメモリや光学メディアDVD-R等)に書き込みます。

ちなみに僕の場合は、以下の方法でUSBメモリに書き込みました。

書き込み先のメディアから起動させる

インストール先のパソコンのBIOSで、上でイメージファイルを書き込んだメディア(僕の場合はUSBメモリ)から順に読み込ませるように設定します。USBメモリに書き込んだならUSBメモリから順に起動、光学メディアなら光学メディア、というように設定するわけです。

そしてイメージファイルを書き込んだメディアをインストール先のパソコンにつけ、起動させます。

よくわからない、って方は以下の記事をどうぞ。

起動させたら以下のような画面が出たかと思います。

選択はそのままで、「Enter」を押します。

そしたら以下の画面のように、「Zorin OS」の文字が表示され・・・、

画像の粗さに気づいたのは撮影後のことであった

そしてZorin OSがまだインストールされていない状態で仮起動(ライブ起動といいます)されている状態になりました。この段階でいろいろ試してみて、実際にインストールするか考えると良いでしょう。

なお「Plop Boot Manager 5.0.15」というのが上の画像ではあるが、これはPlop Boot Managerから起動させているから表示されている。気にするな

インストール手順

起動後のインストールの手順を説明します。

1.例の以下の画面で「Install Zorin OS 15.1」をダブルクリック。

2.以下のウインドウが出る。左側にある言語選択できる部分(現時点でEnglishが選択されている)でスクロールさせて、日本語を選択する。(英語でもできなくはないですが、日本語のほうがやりやすいし)

3.以下のように日本語化されたら、ウインドウ右下にある「続ける」をクリック。

4.以下の画面になる。キーボードの選択画面。「日本語」の中の「日本語」を選択。というか自分で選択せずとも既に自動的に選択されていた。そして、「続ける」をクリック。

5.無線でインターネットに繋げるか繋げないかの選択ができる。僕の場合は、「このネットワークに接続する」を選んで、インターネット接続の設定をした。

インターネット接続に成功したら、上の画像のように、右上に「Connection Established」という表示が出る

6.以下の画像のような画面になる。

僕の場合は、Windows Vistaが既にパソコン上にあったため、「Zorin OS を Windows Vista とは別にインストール」という項目があった。他に、「ディスクを削除して Zorin OSをインストール」があった。

Windows Vistaを消してもいいなら「ディスクを削除して Zorin OSをインストール」でOKだったが、Windows Vistaを削除せずに、それとは別にZorin OSをインストールしたかった。そのため、「Zorin OS を Windows Vista とは別にインストール」にすることにした。以下ではその手順を書く。

7.「Zorin OS を Windows Vista とは別にインストール」をクリック後の手順。「ディスクに変更を書き込みますか?」というウインドウが出たら、OKなら「続ける」をクリック。

すると・・・、

まさかの失敗・・・。

ですが、再起動してもう一回やり直してみた結果、

正常に行うことができました。

8.以下の画像の画面で、Windows VistaとZorin OSの境界をドラッグして容量の割り当てを変更し、「インストール」をクリックします。僕の場合はそのままで特に問題なかったので、そのままで「インストール」をクリックしました。

9.本当によければまた以下の両方とも、「続ける」をクリックします。

ディスクへの変更を書き込む途中とかで電源切れたりしたらパソコンぶっ壊れるかも、注意。自己責任。

10.以下の画像のような画面に。おそらくタイムゾーンの設定か何かでしょう。「Tokyo」を選択して(多分既に選択されてる)、「続ける」をクリック。

余談だが、こういった海外での地図を見るたびにどっかの領土問題を思い出す

11.ユーザー名やパスワードなどの設定です。設定ができたら、「続ける」をクリック。各情報を間違えないように注意。忘れないように注意。

おそらく「続ける」クリック後、インストール開始。インストール途中で電源切れたりしたらパソコンぶっ壊れるかも、注意。自己責任。

なお「コンピュータの名前」は自動入力される。自分で変更してもいい。

正直に言うと、僕は上のような設定にはしていない。この記事用である。

12.画像のように、インストールが始まる。画像でははやいように見えるかもしれませんが、実際はかなりの時間がかかります。僕はとりあえず放置してました。

13.以下の画像のような画面になったらインストール終了です。「今すぐ再起動」をクリックします。その後、Enter押す用の画面(?)がおそらく出てくるので、その画面になったら「Enterキーを押す」ことで再起動させられます。

再起動後のパソコンのメーカーロゴ画面辺りで、イメージファイルを書き込んだメディア(インストールに使ったメディア)(※:僕の場合はUSBメモリ)は外しておきましょう。

お疲れさまです、インストール終了です♪

インストール後

インストール後の設定を軽く説明します。

初回起動

1.再起動したら以下のような画面が出るかと思います。

2.新しくインストールした「Zorin OS 15」を起動するので、そのまま「Zorin」が選択された状態のまま、Enterキーを押します。もっとも、そのまま放っておいてもZorin OS 15が起動しますが。(Windows Vistaを選択・Enterでもちろん「Windows Vista」が起動されます。)

3.以下の画像のような画面になったら、先程インストール時に設定したユーザー名とパスワードでログインします。

4.Zorin OS 15の画面出ました!

インターネットに空いては、右下のWifiのマーク見て分かるとおり、インストール時のWifi設定で既に設定されているっぽいです!

また、スリープからの復帰後とかで、以下の画面になってもパスワード入力~ログインしましょう。

言語設定

正直適当に操作してましたが、これは日本語入力を使えるようにする設定でしょう。

1.初回起動後、以下のようなウインドウが自動的に出てきました。言語のうんたらかんたらが不完全なようです。「この操作を今すぐ実行」をクリックしました。

2.以下の画像のような画面になったりしますが、とにかく待ちます。

3.以下の画像の画面になったら「インストール」をクリック。

4.そして、パスワードを入力。

5.そして、またまたのんびりと待ちます。

6.終了です。「キーボード入力に使うIMシステム」が「fcitx」になっていたらおそらく問題なしです。日本語入力できるようになってます。「閉じる」で閉じます。

7.これも「閉じる」で閉じればいいです。

更新

1.以下の画像の画面で、赤く囲った部分をクリック。

2.「今すぐインストールする」をクリック後、パスワードの入力でZorin OS 15の更新が行なえます。

わりと時間がかかるので注意。

3.終わったら、「このコンピューターのソフトウェアは最新です。」と出るので、「OK」をクリック。

 

あとは適当に色々使ってみればOKです!この記事の上の方で紹介したソフトを使ってみたりとか・・・、スタートメニューから設定をいじったり、とか・・・。いろいろ試してみると良いでしょう。そしてお疲れさまでした!

一言

本当は他にも書きたいことあるんですが、書きはじめたらほんとキリがなくて記事が完成しない・・・、なんてことにはしたくないのでここらへんで締めます。

ますたータク
ますたータク

もし捨てよう、と思っているパソコンがあれば、この「Zorin OS」をインストールしてみるといいかも!使いやすいし!

ますたータク
ますたータク

最後まで読んでくれてありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました